クラシック音楽家専用。「シェアスタジオ」という新しい音楽スタジオの形

音楽家のための会員制サロン Salon d’Art サロン・ダールが運営する『ガルバスタジオ幡ヶ谷』は、クラシック音楽専用の日本初の会員制シェアスタジオとして2020年春、京王線幡ヶ谷駅徒歩3分という好立地にオープンいたしました。

月額料金を払うことで音楽スタジオを自由に使うことができる

という、いわゆるスポーツジムのようなこれまでになかった新しいカタチの音楽スタジオとして運営することで、音楽家が頭を悩ませていた「練習場所問題」や「防音(音出し)物件問題」といった大きな問題を解決していきます。

シェアスタジオの各会員になると、月額20,000円〜の定額料金を支払うことで『ガルバスタジオ幡ヶ谷』内にある全10部屋の各音楽スタジオを利用することができ、自宅とは別に自由に利用できる練習室を確保することができます。

1人で行う個人練習はもちろん、ピアノを使った「合わせ」や最大8人規模のリハーサルまで自由にスタジオを利用していただくことが可能になっています。

音楽家の「住居の幅」が広がる

音楽家にとって大きな問題の一つに「住居」の問題があります。

音楽家が住む家を探すとき、「練習場所と生活スペースを分けたい」「24時間練習したい」といった自分の理想とする練習環境を持つためにはどうしても家賃が高くなってしまったり、駅から遠いなどといった妥協点を考える必要がありました。

また、防音等を含めた練習環境が優先されてしまうため、一般の方が探すような「バストイレ別」「間取り」といった住居の選択は後回しになってしまうことが多く、比較的「防音物件」が多いとされる都内であっても住むことのできる地域は自ずと限定されていました。

今までは自宅に防音室を準備したり、お互い様物件と言われるような隣人の練習する音が聞こえる環境に住んでいた方にとっても、月額15,000円からで自由に使えるスタジオを確保することで住む家の選択肢がグッと広くなります。

自身の「音楽教室」を低価格で

シェアスタジオは「音楽教室」としてもお使いいただけます。

今まで、音楽家がピアノ教室や音楽教室を持つ場合には「レッスン場所」の問題があり、街の音楽教室に雇ってもらうか個人レッスンをする場合も街の音楽スタジオや公民館をその都度借りるなどする必要がありました。

『ガルバスタジオ幡ヶ谷』の運営するシェアスタジオでは、定額の月額料金を支払うことで使い放題になる音楽スタジオを持つことで、ピアノや声楽など定期的にレッスンを行っている方も自宅以外に新しくご自身の「音楽教室」を気軽に持つことが可能になります。

シェアスタジオで音楽家に新しい「生活スタイル」を

『ガルバスタジオ幡ヶ谷』のシェアスタジオは、音楽環境をもっと柔軟に提供していくことを通して、音楽家に新しい形のライフスタイルを提供していきたいと考えています。

>Salon d'Art サロン・ダール会員

Salon d'Art サロン・ダール会員

スタジオを会員料金でご利用いただけるSalon d'Art会員(月額500円)のお申し込みはこちら。会員は「スタジオ会員料金適用」の他、1Fの「ラウンジ」や「コンサートサポートの利用」「オンラインサロンへの参加」が可能になります、

CTR IMG