クラシック音楽専用ライブ配信必要機材6種類一覧

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、動画配信やライブ配信といったサービスへの関心が高まっています。

クラシック音楽業界でもプロオーケストラから個人アーティストにいたるまで

多くの音楽家による配信活動が活発になっています。

 

この記事では、

YouTubeなどへの「ライブ配信」を行いたいけどどういった機材を使ったら良いかわからない

という人に向けて、ライブ配信に必要な機材や環境をまとめています。

 

音楽家のための会員制サロン「Salon d’Art サロン・ダール」でも、

新型コロナウイルスの影響を受けて、

YouTubeライブ配信によるチケット制のクラシックコンサートサービスである

『ライブ・コンサート』をスタートさせましたが、

この『ライブ・コンサート』で必要な機材に関しては、とある有名YouTuberの方

(クラシック音楽に造詣が深く、登録者数1万人以上でその道への実績・経験がある方です)

に、全面的にアドバイスをいただいております。

 

今回の記事はそのYouTuberの方からいただいた情報を元に作成していますが、

その情報の「希少性」という観点から、記事の全文はSalon d’Art会員限定公開とさせていただきます。

ご興味のある方は、会員登録(月額500円)を行なった上で全文お読みください。

整えたい環境

今回整えたい環境は下記の通りです。

クラシックのアコースティックな演奏をYouTubeライブ配信できる環境
音質重視
・iPhoneなどスマートフォンではなくパソコンを使っての本格的な配信

クラシック音楽のYouTubeライブ配信に必要な機材と環境

クラシックコンサートをYouTubeライブ配信するために揃えたい機材や環境は主に下記の7つです。

  1. パソコン
  2. マイク
  3. オーディオインターフェース
  4. カメラ
  5. インターネット環境
  6. 配信ソフト
  7. 配信できる場所(スタジオ、ホール、自宅)

 

ここからは、それぞれの機材に関して「オススメの機材やメーカー」について順番に見ていきたいと思います。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
>Salon d'Art サロン・ダール会員

Salon d'Art サロン・ダール会員

スタジオを会員料金でご利用いただけるSalon d'Art会員(月額500円)のお申し込みはこちら。会員は「スタジオ会員料金適用」の他、1Fの「ラウンジ」や「コンサートサポートの利用」「オンラインサロンへの参加」が可能になります、

CTR IMG