Cocoro N.Y-Japan Modern Melody 〜柴田智子の自由で素敵なコンサートシリーズvol.6〜

ご案内

当サイトでは『Cocoro N.Y-Japan Modern Melody 〜柴田智子の自由で素敵なコンサートシリーズvol.6〜』公演に関して

  1. コンサートチケット(ホールでのご鑑賞)
  2. 配信チケット(ライブ配信+終演後公演動画視聴URLプレゼント)

の2種類(各一般/学生)のチケットを販売しております。お買い求めの際はお間違いないようご注意ください。

なお、 公演内容に関するお問い合わせは、本公演の主催元である ㈱TSPI Tel:03-3723-1723 Mail:info@tspi.co.jp までお願いいたします。

 重 要  チケットをお申し込みいただいた方には視聴方法についてのメールを「liveconcert@salondart.art」よりお送りしております。もし万が一届いていない方がおられましたら「liveconcert@salondart.art」までご連絡ください。また受信拒否設定をされている方は「liveconcert@salondart.art」の受信解除設定をお願いします。

チケットをご購入後、ご視聴またはホール入場に必要な情報を記載したメールを運営よりお送りしております。通常1〜2日ほどでお送りさせていただきますが、3日以上経っても届いていない場合はサーバーエラー等も考えられますので、お手数ですが運営までメールにてご連絡ください。(liveconcert@salondart.art)

Cocoro N.Y-Japan Modern Melody 〜柴田智子の自由で素敵なコンサートシリーズvol.6〜

 

日時

2022年2月27日(日)14:45開演(14:20開場)

*本公演は、ホールでご鑑賞いただく『通常形態のコンサート』と、ご自宅などオンラインでお楽しみいただくことができる『ライブコンサート』とがございます。

会場

サントリーホール ブルーローズ

プログラム

  • ムーア:戻らぬ夏
  • ゴードン:その朝に
  • プレビン:魔法が欲しい オペラ「欲望という名の電車」
  • バーンスタイン:華やかで浮気っぽく オペレッタ「キャンディード」
  • ソンドハイム:悲しみのクラウン ミュージカル「リトルナイトミュージック」
  • カーペンターズ:青春の輝き
  • 宮本益光:歌うだけ、私の歌
  • 石崎ひゅーい:虹
  • 村松崇継:いのちの歌
  • 藤田麻衣子:手紙
  • 追川礼章:明日へのことば(ワールドプリミア)
  • フィンランド伝承歌:カレリアの丘

※演奏者、曲目は変更される場合がございます。予めご了承下さい。  

チケット – ticket –

 重 要 

チケットをお申し込みいただいた方には視聴方法についてのメールを「liveconcert@salondart.art」よりお送りしております。もし万が一届いていない方がおられましたら「liveconcert@salondart.art」までご連絡ください。また受信拒否設定をされている方は「liveconcert@salondart.art」の受信解除設定をお願いします。

1.【クレジットカード払いご希望の方】 

Cocoro N.Y-Japan Modern Melody|0025

2.【PayPalでの決済ご希望の方】

PayPalアカウント登録無しで購入する方法

(クリックで拡大)

【プレミアシートチケット(指定席)】(2/27 会場でのコンサート鑑賞

プレミアシート:¥10,000(ホール)10,000 Japanese Yen

*来場者全員に「VICKS」プレゼント付

[Live viewing ticket] 当日コンサート会場にてお楽しみいただくためのチケットです。ライブ配信や終演後に公開されるアーカイブ動画を視聴いただくことはできませんのでご注意ください。お支払い確認後、支払い時にご入力いただいた「お名前」「メールアドレス」あてに運営元のSalon d’Art サロン・ダールより該当公演をご覧いただくためのチケットメールをお送りいたします。

枚数

<クレジットカード決済の方はこちらも(画像)ご参照ください>


【コンサートチケット(全席自由)】(2/27 会場でのコンサート鑑賞

*来場者全員に「VICKS」プレゼント付

[Live viewing ticket] 当日コンサート会場にてお楽しみいただくためのチケットです。ライブ配信や終演後に公開されるアーカイブ動画を視聴いただくことはできませんのでご注意ください。お支払い確認後、支払い時にご入力いただいた「お名前」「メールアドレス」あてに運営元のSalon d’Art サロン・ダールより該当公演をご覧いただくためのチケットメールをお送りいたします。

一般:¥7,000(ホール)7,000 Japanese Yen

枚数

<クレジットカード決済の方はこちらも(画像)ご参照ください>


学生:¥3,500(ホール)3,500 Japanese Yen

*来場者全員に「VICKS」プレゼント付

枚数

<クレジットカード決済の方はこちらも(画像)ご参照ください>


【配信チケット】(2/27 ライブ配信視聴権)

*ライブ配信チケットをご購入いただいた方限定で後日配信映像と同内容の動画(限定公開)の視聴方法をご案内いたします。(終演後・有期限)

[Online viewing ticket] 〜Live streaming + archive viewing〜 当日のライブ配信、終演後ご案内する配信映像と同内容の動画(限定公開・終演後公開・有期限)をご視聴いただけるチケットです。 お支払い確認後、支払い時にご入力いただいた「お名前」「メールアドレス」あてに運営元のSalon d’Art サロン・ダールより該当公演をご覧いただけるURLリンクとパスワードを発行いたします。

一般:¥3,000(配信)3,000 Japanese Yen

枚数

<クレジットカード決済の方はこちらも(画像)ご参照ください>


学生:¥2,000(配信)2,000 Japanese Yen

枚数

<クレジットカード決済の方はこちらも(画像)ご参照ください>


【セットチケット】(2/27 会場でのコンサート鑑賞+終演後動画)

*来場者全員に「VICKS」プレゼント付

*セットチケットをご購入いただいた方限定で後日配信映像と同内容の動画の視聴方法(限定公開)をご案内いたします。(終演後・有期限)

[Live viewing+Online viewing ticket] 〜Live streaming + archive viewing〜 当日会場でのコンサート鑑賞、および終演後ご案内する配信映像と同内容の動画(限定公開・終演後公開・有期限)をご視聴いただけるチケットです。 お支払い確認後、支払い時にご入力いただいた「お名前」「メールアドレス」あてに運営元のSalon d’Art サロン・ダールより該当公演をご覧いただけるURLリンクとパスワードを発行いたします。

一般:¥9,500(ホール+配信)9,500 Japanese Yen

枚数

<クレジットカード決済をご希望の方はこちらも(画像)ご参照ください>


学生:¥5,000(ホール+配信)5,000 Japanese Yen

 

枚数

<クレジットカード決済をご希望の方はこちらも(画像)ご参照ください>


3.【オフライン決済(銀行振込)をご希望のお客様】

  1. 運営の銀行口座にご希望チケット金額をお振込ください。(お振込手数料はご負担願います)
  2. 運営のメールアドレス(liveconcert@salondart.art)あてに「お名前」「希望公演名」「チケットの種類」をメールください。
  3. 振込確認次第運営より視聴またはチケットメールをお送りいたします。

【銀行口座】

銀行:三菱UFJ銀行

支店:深川支店 086

種別:普通

番号:0790770

名義:サロンダール

 

出演者からのメッセージ

柴田 智子 Tomoko Shibata

自由で素敵なコンサートVol.6「Cocoro~NY-Japan Modern Melody」

久しぶりにサントリーローズルームにて昼間の公演です!

ここ4年はホームグランドを豊洲シビックに移し毎回テーマを決めて追川礼章さんと美しい夜景と非日常を楽しんで頂きながら、柴田智子の感性が「今はこの音楽を楽しんで頂きたい!」との思いをそのままお客様にお届けして参りました。コロナ渦の中実に年間3回のペースのコンサート!応援して下さる皆様に本当に感謝しております。

私にとり音楽を通して発信していくことはやはり生きる事同じことだと確信したコロナ渦そして応援して頂いている方々からも沢山勇気を頂きました。

皆様に音楽で世界を旅して頂いたり、中々劇場に足をお運びになれない方もいらっしゃる中、聴いて頂ける皆様に向けてはただのコンサートではなく、ミュージカルやオペラや一夜にして感じられるコンサートやその年の記念の作家をフューチャーしたりと‥‥

コロナも段々落ち着き始めてはおりますが十分感染対策をしながら

来年の2月27日のコンサートは、私の2つの故郷、日本とNYに焦点を当てて、今現在ご活躍の作家の方々の作品を軸にお届け致します!

多分私がNYに住んでいた関係でお知り合いになれ友人の知り合いや音楽仲間や出版社の方々とお話する中で巡り合った曲も沢山あり、是非今の風を皆様に感じて頂ければと思っております。日本の曲も同様に今に焦点に当ててご紹介致します。

柴田はソプラノ歌手であるという事は悩みながらも、自身の心が求める所と生まれながらの声を受け入れた時、ソプラノ歌手であったのです。

昔はフォークを歌い、ポップスも歌い、ジャズもミュージカルも歌いました。数多くそれらの舞台にも立たせて頂きました。地声もだしましたしマイクも使いました。でも私の喉や声はより自然で喉が痛まない方向を望んでいつも葛藤していました。感情面で沢山のものを持っていた私なので「強く訴えたい」という気持ちを持ちながらも生まれながらの声はそれとは似つかない声でした。(笑)でも歌うにつれて声は気持ちが乗って初めて自分らしい音色とか音楽になるんだとわかってきました。

 

それを私に教えてくれたのが、私のオペラデビューの批評を書いて下さった天下のニューヨークタイムズ紙でした。こんな見ず知らずの移民で声もろくに出ない24歳の私が歌った英語版夕鶴のつうを高く評価してくれたのです。

世界最大のアートの街誰もリンカーンセンターやブロードウェイや世界のアーテイストたちが一番恐れるクリティックスです。私にとり自分に送られて人生において最大のエールでした。

私はそこで初めて、「なんの肩書がない人間で未熟であっても、自分の中にある情熱とか音楽や劇に対する思いと謙遜に一生懸命やれば見ていてくれる人がいる、通じるといる」という「真の希望」のようなものが心の中に感動として芽生えた時でした。あまりのありがたい出来事でアメリカンドリームを信じた瞬間であり24歳の私と歌の長い旅の始まりでした。それから3回も同紙から高評価を受けたのです。

そこで本気で歌を学びたいという志が芽生えました。

しかしながら自力での留学の為、音楽を勉強できる経済的な援助がないまま永住権を得るまでの苦学生時代が始まり音楽を一筋で学ぶまで10年近く費やすことになります。それ以後も永住権をとった後、私はイタリアに勉強に旅立ちます。

 

今回は世界中を旅してきた柴田の心の中に誓ったCocoroで歌う事、そして2つの故郷の今を生きる曲たちを思い切り共演者の皆様と皆様にお届け致します。

 

コンサートは豊洲とは違うスタイルでお届けする予定ですが目下制作中ではありますが心を動かす午後になります様に準備をしてまいりますので、どうぞ梅の花も咲く2月末日の日曜に是非柴田のCOCOROを感じていらして下さい!

 

追川礼章さん作曲の初演も準備中です。私自身本当に楽しみです。

今回は追川礼章さんと近藤大夢さんが連弾デビュー!そして素敵な歌手の今井学さんとの2重唱や中野愛維里さんとの2重唱、キャンディードのクナゴンデ+3人の重唱!さてどうなりますか‥‥ワクワクドキドキです。

是非おいでをお待ちしております!                     

柴田 智子

 

柴田 智子 Tomoko Shibata – ソプラノ

クラシックというジャンルを超え「今を生きる喜び」を歌で世界に発信する。 アメリカ音楽のスペシャリスト。近年では日本語で自作曲やジャンルを問わず心に響く日本の歌をコンサートで紹介し「いのちの歌」では沢山の共感を呼ぶ。 武蔵野音楽大学を卒業後NY、マヌス音楽大学、ジュリアード音楽院に学び、リンカーンセンター、カーネギーホール等でオーケストラと共演やオペラのタイトルロール「ランメルムーアのルチア」「セビリアの理髪師」「リゴレット」等を歌いニューヨーク・タイムズから高い評価を受ける。1989年よりミラノに留学しイタリアのベルカントを学びコンサートやでオペラに出演と同時にバーンスタイン等のアメリカ音楽を紹介する。 国内外でミュージカルにも出演し、著名な≪クロノス・カルテット≫とも世界初演を手がけ凱旋し話題を呼ぶ。新日本フィル、読売交響楽団、東京交響楽団、東京シティー管弦楽団等とも共演。元スマップ、浅倉大介、ラッセル・ワトソンとも共演しクロスオーバーの先駆者となる。東芝EMIと専属契約を結びリリースしたアメリカのオペラやミュージカルを集めた「マンハッタンドリーム」ビートルズの名曲をオペラアリアにした「Let it Be」は世界的な反響を呼ぶ。ソニー、クラウン等から7枚のCDをリリース。ライフワークとしてジャンルにとらわれず世界中の心に届くメロディーを集めコンサートで歌い続けている。 新国劇場、オーチャードホール、カーネギーホール、リンカーンセンター等の大劇場から王子ホール、白寿ホールなどでの小ホールでのリサイタルでは独自のシアター形式のコンサートを年間数回開催し続けている。プロデューサーとして数多くのコンサートを立ち上げキユーピー「サラダ記念日コンサート」は10年続いた。コラボレーションをした企業は株式会社ジョンソンエンドジョンソン、コーセーコスメポート等。 NHK/日本テレビ/テレビ東京、ラジオはNHK/TFM/J-WAVE等に出演。FMNACK5の音楽番組のパーソソナリティーを8年務める。現在コロナ渦の中「Create for the Next」“コロナ後の音楽の扉を開く対談”をYOUTUBEで発信する等、今を呼吸し続けている。近々ユニバーサルミュージックより「マンハッタンドリーム」「Let it Be」が再リリースの予定している。 チャリティーにも力を注ぎ、同時多発テロの現場経験者としてチャリティーコンサートに参加。東日本大震災後「SONGS FOR HOPE」を立ち上げ被災した子供達にドネーションを続けている。国連の心のケアープログラムにも参加。ハワイの真珠湾ミュージーアムでの歌やスピーチは記憶に新しい。東京二期会会員、東京室内歌劇場会員、昭和音楽大学、桜美林大学講師。自由が丘音楽大使、自由が丘オペラハウス、株式会社TSPI代表。 【公式サイト】http:// www.tomokoshibata.com

追川 礼章 Ayatoshi Oikawa – ピアノ

1994年生まれ。埼玉県立浦和高等学校卒業後、東京藝術大学楽理科を経て同大学大学院ソルフェージュ科を修了。2歳からヤマハ音楽教室で学び、6歳から作曲を始める。 現在は歌手の伴奏をメインに全国各地で演奏活動を行う。室内楽ではこれまでにミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター、ローレンツ・ナストゥリカ氏、ベルリンフィル元主席ヴィオラ奏者ヴィルフリート・シュトレーレ氏、NHK交響楽団のメンバーらと共演を重ねる。テレビ朝日《題名のない音楽会》、BS-TBS《日本名曲アルバム》、BS朝日《日本の名曲世界の名曲 人生、歌がある》、NHKラジオ第一《新日曜名作座》にピアニストとして出演。 これまで編曲&ピアノで参加したCDはエイベックスより発売中の《琴線歌 〜はやしべさとし 叙情歌を道連れに〜》、《琴線歌 其のニ〜はやしべさとし 叙情歌を道連れに〜》、日本コロムビアより発売中の《SiriuS MY FAVORITE THINGS》他。また、2020年7月29日リリース林部智史2ndアルバムに収録の《夢》の楽曲提供も行っている。尚この楽曲はTBSテレビ《ひるおび!》の7月エンディングテーマとして使用される。 2020年4月末から本格始動したYouTubeチャンネルが、1ヶ月でチャンネル登録者数3000人を集める。 《追川礼章Ayatoshi Oikawa YouTubeチャンネル》 https://www.youtube.com/channel/UCjzoMRQ_hu2PVei49ebtqkA

今井 学 Manabu IMAI – ヴォーカル

大阪府大阪市出身。桐朋学園大学音楽学部声楽専攻卒業、同研究科三年次修了。

宮川彬良作曲 歌劇「ブラック・ジャック」渉(二部主役)での鮮烈なデビュー以来、「レ・ミゼラブル」(帝国劇場他)を始め、オペラ「ラ・ボエーム」「トゥーランドット」、ミュージカル「キャンディード」「ズボン船長~FIFI AND THE SEVEN SEAS~」など、ジャンルを問わず様々な舞台で好演を重ねている。

コンサートでは新日本フィルハーモニー交響楽団との共演を始め、「第九」や「ドイツレクイエム」などの宗教曲のソリストを務める他、現代曲の新曲初演にも数多く携わり、作曲家からの信頼も厚い。

エレクトーン奏者菊地友夏とのユニット「きくちいまい」としても活動中。

桜美林大学芸術文化学群特任講師。東京大学柏葉会合唱団ヴォイストレーナー。日本合唱指揮者協会会員。

中野 亜維里 Airi NAKANO – ソプラノ

東京藝術大学大学院修士課程オペラ専攻修了。日本大学藝術学部長賞受賞。二期会マスタークラス修了時、優秀賞等受賞。バーバラ・ボニーマスタークラスディプロマ取得。二期会「メリー・ウィドー」ヴァランシェンヌ(アンダー)を経て、文化庁文化推進特別事業新国立劇場公演「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナでオペラデビュー後、「椿姫」「愛の妙薬」等多数のオペラに主役で出演。渡伊中、聖パオロ大聖堂、ロッシーニ歌劇場、フォルトゥーナ等にてモーツァルト「レクイエム」のソリストを務めた他、ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル管弦楽団来日公演、文化庁主催Art in Bunkacho、読売新人演奏会、ラ・フォル・ジュルネ、二期会新進声楽家の夕べ、二期会DivaDivo等に出演。BS-tbs日本名曲アルバム他、多数のテレビやラジオに出演。横浜市民広間演奏会、横浜シティオペラ、二期会、各会員。

https://airi-nakano-soprano.jimdofree.com

近藤 大夢 Hiromu KONDO – ピアノ

静岡県出身。ロゼピアノコンクール第1位及び富士ニュース社賞。ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクール ステージⅡファイナリスト。日本クラシック音楽コンクールピアノ部門高校男子の部第5位。「静岡の名手たち」合格者コンサートに出演。静岡県立清水南高等学校芸術科を経て現在、昭和音楽大学ピアノ演奏家コース4年。ソロだけでなくアンサンブル等にも力を入れている。

諸注意

本公演はWeb上にてライブ配信で開催する「ライブコンサート」です。 チケットをご購入いただいたお客様は動画をご覧いただけるインターネット環境が必要ですのでご注意ください。 公演にご満足いただけなかった場合は全額返金保証いたしますので、終演後liveconcert@salondart.artまで『該当公演名』『お名前』を明記の上ご連絡ください。

 

配信ページ

公演日当日および公演終演後はこちらにて動画を公開いたします。
 

コンサートをご覧いただいたお客様へ

出演者に「拍手」を送ることができます。1拍手1円。お好きなだけ拍手をお送りください。
 
*出演者への「応援メッセージ」などは奏者の励みとなりますのでご自由にコメント欄へお願いします。
*チケットをご購入いただいていない方もコメントは可能です。
>Salon d'Art サロン・ダール会員

Salon d'Art サロン・ダール会員

様々な会員コンテンツをお楽しみいただくことができるSalon d'Art会員(月額500円)のお申し込みはこちら。会員は「スペース」や「各種サービス」を会員料金で利用でいるほか「オンラインサロンへの参加」が可能になります。

CTR IMG