柴田智子が歌い、かたる「かけがえのないもの」

(注)2020年12月13日の公演「Precious Christmas for you 2020〜柴田智子の自由で素敵なStylish Concert Vo.3〜」のページはこちらをご覧ください。

 

 重 要  チケットをお申し込みいただいた方には視聴方法についてのメールを「liveconcert@salondart.art」よりお送りしております。もし万が一届いていない方がおられましたら「liveconcert@salondart.art」までご連絡ください。また受信拒否設定をされている方は「liveconcert@salondart.art」の受信解除設定をお願いします。

チケットをご購入後、ご視聴またはホール入場に必要な情報を記載したメールを運営よりお送りしております。通常1〜2日ほどでお送りさせていただきますが、3日以上経っても届いていない場合はサーバーエラー等も考えられますので、お手数ですが運営までメールにてご連絡ください。(liveconcert@salondart.art)

日時

2020年10月4日(土)19:00開演

*本公演は、ご自宅などでお楽しみいただく『ライブコンサート』となっております。ホールにはお越しになれませんのでご注意ください。

内容

coming soon…

プログラム

“イタリア” ベッリーニ/ドナウディー/プッチーニ

“アメリカ” ローレム/ガーシュウィン

“日本” 中村八大/松村崇継/柴田智子 

他全18曲

チケット

【配信チケット】(10/4 ライブ配信視聴+アーカイブ視聴)

当日のライブ配信+1週間のアーカイブ視聴をご視聴いただけるチケットです。
お支払い確認後、支払い時にご入力いただいた「お名前」「メールアドレス」あてに運営元のSalon d’Art サロン・ダールより該当公演をご覧いただけるURLリンクとパスワードを発行いたします。

一般:¥3,000


学生:¥1,500


【配信+コンサートチケット】(10/4 コンサート鑑賞+アーカイブ視聴)

当日会場でのコンサート鑑賞+1週間のアーカイブ視聴をご視聴いただけるチケットです。
お支払い確認後、支払い時にご入力いただいた「お名前」「メールアドレス」あてに運営元のSalon d’Art サロン・ダールより該当公演をご覧いただけるURLリンクとパスワードを発行いたします。

一般:¥7,500


学生:¥4,000


 

出演者からのメッセージ

今回コロナ渦の為、人前で歌う時期ではないという信念がありました。

コロナウィルスと生活して6ヶ月たった今色々考えた末最小限度にリスクを無くしながら

前に進むやり方として「ネット配信をメインとし、ホールで生をお聴きになりたいお客様の為に「歌とピアノ」という最小人数で歌をお届け出来ればと思います。

お聴き頂ける座席数130名(300名収容)までご用意いたします。年に2回このホールで歌ってきたからこそ知る、ホールスタッフの皆様や楽屋や座席の状況、ホワイエの広さ等の空間を知った上で判断致しました。

10月半ば以降はインフルエンザや風邪でまた一つのハードルがあります。10月初旬が私の中で今年ひとつの区切りとなります。今出来る事で精一杯歌わせて頂きます。

宜しければこの機会に新しい形の配信でのご参加もお待ちしております。

原点に返り大好きな小編成で音楽をお届け出来れば嬉しいです。

柴田智子

柴田智子 Tomoko Shibata – ソプラノ

クラシックというジャンルを超え「今を生きる喜び」を歌で世界に発信する。NY、マヌス音楽大学、ジュリアード音楽院に学び、リンカーンセンター、カーネギーホール等でオーケストラと共演やオペラのタイトルロール「ランメルムーアのルチア」「セビリアの理髪師」「リゴレット」等を歌いニューヨーク・タイムズから高い評価を受ける。1989年よりミラノに留学しイタリアのベルカントを学びコンサートやでオペラに出演と同時にバーンスタイン等のアメリカ音楽を紹介する。

国内外でミュージカルにも出演し、著名な≪クロノス・カルテット≫とも世界初演を出がけ、凱旋し話題を呼ぶ。新日本フィル、読売交響楽団、東京交響楽団、東京ニューシティー管弦楽団等とも共演。スマップ、浅倉大介、ラッセル・ワトソンとも共演しクロスオーバーの先駆者となる。東芝EMIと専属契約を結びリリースしたアメリカのオペラやミュージカルを集めた「マンハッタンドリーム」ビートルズの名曲をオペラアリアにした「Let it Be」は世界的な反響を呼ぶ。ソニー、クラウン等から7枚のCDをリリース。ライフワークとしてジャンルにとらわれず世界中の心に届くメロディーを集めコンサートで歌い続けている。

新国劇場、オーチャードホール、カーネギーホール、リンカーンセンター等の大劇場から王子ホール、白寿ホールなどでの小ホールでのリサイタルでは独自のシアター形式のコンサートを年間数回開催し続けている。プロデューサーとしても若手をプロデュース、コンサートシリーズのプロデュースも数多く、キユーピー「サラダ記念日コンサート」は10年続いた。コラボレーションをした企業は株式会社ジョンソンエンドジョンソン、コーセーコスメポート等。

NHK/日本テレビ/テレビ東京、ラジオはNHK/TFM/J-WAVE等に出演。FMNACK5の音楽番組のパーソソナリティーを8年務める。現在コロナ渦の中、音楽ジャーナリスト池田卓夫氏と「Create for the Next」“コロナ後の音楽の扉を開く対談”をプロディユースしYOUTUBEで発信する等、今を呼吸し続けている。秋にユニバーサルミュージックより「マンハッタンドリーム」「Let it Be」が再リリースの予定している。

チャリティーにも力を注ぎ、同時多発テロの現場経験者としてチャリティーコンサートに参加。東日本大震災後「SONGS FOR HOPE」を立ち上げ被災した子供達にドネーションを続けている。国連の心のケアープログラムにも参加。ハワイの真珠湾ミュージーアムでの歌やスピーチは記憶に新しい。東京二期会会員、東京室内歌劇場会員、昭和音楽大学、桜美林大学講師。自由が丘音楽大使、50代からのファンエイジング主宰。自由が丘オペラハウス、株式会社TSPI代表

【公式サイト】http:// www.tomokoshibata.com

 

内門 卓也 Takuya Uchikado – ピアノ

2007年、東京都立芸術高等学校音楽科ピアノ専攻を卒業。

その後、作曲にも取り組み、2008年、東京藝術大学音楽学部作曲科に入学。在学中には、旧奏楽堂木曜コンサートにて室内楽作品、奏楽堂モーニングコンサート等にて管弦楽作品が演奏される。長谷川良夫賞、アカンサス音楽賞を受賞。同大学を卒業後、2014年に同大学院音楽研究科修士課程を修了。

ピアノを阿部真子、作曲を安良岡章夫の各氏に師事。

2007年、江戸川区新人演奏会出演。第7回〜第10回ロシアンピアノスクールin東京を受講。選抜者による演奏会に出演。これまでに室内楽や伴奏を数多く手がけ、国内外の多くの著名アーティストと共演している。

2014年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに出演。2015年、ワールドフルートフェスティバルin台湾に出演。東京・名古屋・札幌にてソロリサイタルを行う。

諸注意

本公演はWeb上にてライブ配信で開催する「ライブコンサート」です。 チケットをご購入いただいたお客様は動画をご覧いただけるインターネット環境が必要ですのでご注意ください。 公演にご満足いただけなかった場合は全額返金保証いたしますので、終演後liveconcert@salondart.artまで『該当公演名』『お名前』を明記の上ご連絡ください。

配信ページ – アーカイブ視聴ページ

公演日当日および公演終演後はこちらにて動画を公開いたします。(期間:10/4〜10/18)

*当日の公演動画をアーカイブ用に再編集した動画になります。
*アーカイブ動画の公開は終了しました。

コンサートをご覧いただいたお客様へ

出演者に「拍手」を送ることができます。1拍手1円。お好きなだけ拍手をお送りください。

 

*出演者への「応援メッセージ」などは奏者の励みとなりますのでご自由にコメント欄へお願いします。
*チケットをご購入いただいていない方もコメントは可能です。
 
>Salon d'Art サロン・ダール会員

Salon d'Art サロン・ダール会員

スタジオを会員料金でご利用いただけるSalon d'Art会員(月額500円)のお申し込みはこちら。会員は「スタジオ会員料金適用」の他、1Fの「ラウンジ」や「コンサートサポートの利用」「オンラインサロンへの参加」が可能になります、

CTR IMG