五來貴洋氏(リヒャルトワーグナー音楽院ウィーン最優秀卒業ヴァイオリン奏者)にスタジオの音響テストをしていただきました。

リヒャルトワーグナー音楽院ウィーン最優秀卒業ヴァイオリン奏者の五來 貴洋(ごうらい たかひろ)氏にガルバスタジオ幡ヶ谷にある全10のスタジオ及びラウンジの音響テストをしていただきました。
弦楽器の方がスタジオをご使用になる際にご参考ください。

特に吹きやすかったスタジオ

「3D」「3E」「3F」「1A」
*各スタジオの詳細はこちらからご覧いただけます。

逆に、2階の各部屋(「2A」「2B」「2C」)は天井が若干低いため弦楽器が立奏する場合は注意が必要。

五來貴洋氏からの一言

様々な音響と広さにバリエーションがあり、ソロ、室内楽など用途に合わせて部屋を選べます。
弦、管ともに部屋を選んでお使い頂くととても良いと思います。

今後、ご提供いただいたデータを元に各スタジオの音響や設計を行なってまいります。ご協力誠にありがとうございました。

五來貴洋 Takahiro GORAI – プロフィール

7歳よりヴァイオリンを始め、新潟大学教育人間科学部に学んだ後、渡欧。
2012年パシフィック・ミュージック・フェスティバルに全額奨学生として参加し、世界的指揮者ファビオ・ルイジ等に薫陶を受ける。その後活動の場を海外へも広げ、ザルツブルク夏期国際音楽アカデミー、アレグロ・ヴィーヴォ国際音楽祭(オーストリア)、スコットランドDG音楽祭等に出演。イヴリー・ギトリス等ヴァイオリンの歴史的名匠との共演も果たす。
これまでに、ヴァイオリンを蒲生克郷、江口有香、木野雅之、イゴール・ペトルシェフスキー、ダニエラ・イヴァノヴァ各氏に師事しているほか、ジョセフ・リン、ライナー・ホーネック、サシコ・ガヴリロフ、ミハイル・コペルマン、ヴラディーミル・ユロフスキ、東京クヮルテット等からも指導を受ける。
2017年、リヒャルト・ワーグナー音楽院ウィーンを最優秀の成績で卒業した後、在京オーケストラに客演出演する傍ら、日本、ヨーロッパ各地で精力的に演奏活動を行っている。

>Salon d'Art サロン・ダール会員

Salon d'Art サロン・ダール会員

スタジオを会員料金でご利用いただけるSalon d'Art会員(月額500円)のお申し込みはこちら。会員は「スタジオ会員料金適用」の他、1Fの「ラウンジ」や「コンサートサポートの利用」「オンラインサロンへの参加」が可能になります、

CTR IMG